ウェルカムボードやブライダルアイテム制作|ブライダルワークス Photoria(フォトリア) ブライダルワークス Photoriaでは富山市を拠点に活動するデザイナーyucoが、ブライダル関係の仕事と紙面デザインの仕事の経験を生かし、ウェルカムボード・プロフィールパンフレット・ブライダル新聞など、ウェディングのペーパーアイテムを中心に、ECサイトのバナー制作、商品登録作業まで、幅広いデザイン制作を行っています。

12本のバラに込められた願いをダーズンローズに。花嫁にサプライズ演出も!

ダーズンローズってご存知ですか?

 

 

最近、ブライダルで使用されてるバラの花を購入する機会があったので、ダーズンローズについて書き込みします。

 

 

ヨーロッパ発祥のプロポーズ

ダーズンローズという名前の通り、12本(1ダース)のお花を男性から女性に渡しプロポーズし、女性は「YES」の返事として受け取ったブーケの中から一本を男性の胸元に挿したというのは始まりだそうです。

 

挙式の時に取り入れる時は新郎がゲストからバラの花を集めながら入場し、後から入場した新婦が新郎のとろまで到着したタイミングで

プロポーズや誓いの言葉を贈ります。

新婦は「YES」の返事として抜き取った一本を新郎の胸元に飾ります。

神々しさを感じます。

挙式が始まる前にゲストの皆さんに司会者さんや牧師先生からこのセレモニーの内容を説明してもらうとより感動度が増していいです。

 

 

披露宴時の新婦サプライズとしても人気

披露宴時の中座後、新郎さんの方が先に入場して事前に配布されているバラの花をゲストから受け取り、新婦さんをお迎えにあがるサプライズ型の演出も人気です。

新郎さん入場時に集めるのもいいですし、入場後、ゲストが新郎さんまで届けるという方法でもできます。

 

プロポーズの機会がないまま挙式を迎えた新郎さんがこの演出をするということもありますし、

この機会にに改めてプロポーズをする、という方もおられます。

 

 

 

ポイント

ゲストも参加できるので和やかな雰囲気になります。

また、バラを配るゲストには事前に新郎からセレモニーの内容を説明しておくといいですし、当日、式場スタッフに確認してもらうといいです。

 

 

12本の花には一本、一本には意味があります。

感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠

 

「12のことすべてをあなたに誓います」という誓いが込められているんです。

どれも結婚生活には欠かせないものですね。

そして厳格な感じを受けます。

この言葉に当てはまるゲストにバラを託すのも素敵な演出。

バラの意味とゲストの関係性やイメージを司会者さんから紹介してもらうとより一体感が生まれていい雰囲気になります。

 

 

タグをつけておしゃれに

バラにそれぞれの意味をタグにして結んでおくとおしゃれですし、バラそのものがグッと引き立ちます。

花を託されたゲストの方にも特別感を味わってもらえますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

特集